2018年05月22日

マンション購入の狙い目は新築のような中古

マンションの購入は、チラシに表示されている金額だけで済むものではないです。

諸費用の存在は大きいです。


大体の諸費用の相場は、販売価格の5%から10%前後を見ておくと良いです。
物件によって違うので、幅があるということも認識しておきたいところです。


例えば、2000万円の物件なら、100万円から200万円ですから、かなり金額的には大きいです。

できるだけ節約したいところですが、諸費用は節約のしどころがありません。
予算が2000万円しか無い場合は、販売価格の安いマンションを再検討する必要があります。
大体、販売価格が数百万円も変わると、望み通りの物件は見つからない可能性も。


最後の手段は、販売価格を値引きできる物件を探す他にありません。

マンションの値引きって聞いたことない、というのは一般の声かもしれませんが、実はウワサでもなんでもなく、交渉の余地がある物件はあるんです。


それが完成在庫となっているマンションです。
建物が竣工して、1年以上経過するのに、空き部屋があるマンションです。

つまりは売れ残っているマンションに購入の狙い目を定めるんです。


マンションを販売する側としては、全戸を売り切ってしまいたいわけです。
大っぴらには値引きのチラシなどを打てないので、あえて1割以上の値引きを目標に交渉するわけです。

できれば諸費用分は値引きしたいところ。

モデルルームで値引き交渉するのが気が引ける場合は、希望のマンションを探してくれる業者に相談する手段があれます。
相談は無料です。
ネット上で受付し、値引き交渉に応じてくれる不動産業者を紹介してくれます

住まいの窓口


紹介された不動産業者と面談で交渉し、折り合いが付かない場合は、お断りの代行もしてくれるので安心です。

完成在庫の値引き幅は、1年経過するごとに100万円以上が相場です。
2年経過していれば200万円以上というのが目標値になります。


マンションの完成在庫は、新築のような中古という見方でも良いかと思います。
1年2年とは言え、経年劣化は始まっているので、値引き交渉は、やってみる価値はありますよ。

ただし、マンションには住宅ローンの他に、管理費や修繕積立金、駐車場等毎月の支払いの種類が多いので、目先の値引きに囚われ過ぎないように注意が必要です。


posted by マンション査定 at 23:50| マンション 購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

マンション売却時のインスペクション費用

不動産業界では、4月1日より、インスペクションについての動きがありました。

宅建業法の改正の施行日だからです。



インスペクションとは、建物状況調査のことです。

中古住宅市場がもっと活況になるには、中古住宅自体の安全性などが目に見えて分かる事が大事です。


今回の改正では、

・媒介契約時に売主向けに建物状況調査の事業者あっせんの有無を記載
・重要事項説明時に建物状況調査をした場合には結果を買主に説明
・売買契約時に建物状況調査において当事者双方が確認した内容をそれぞれ書面で交付

という義務が発生しました。



建物状況調査自体は義務ではないのですが、実行されれば、

【売主側のメリット】
調査の実行は国の登録を受けた建築士が実行するので引き渡し後のトラブルを未然に回避できる

【買主側のメリット】
中古住宅の現況が建築士によってチェックされているので現況がよくわかり欠陥を掴むリスクが下がる

という面があります。



ただし現況確認のインスペクションは目視可能な範囲に限定されます。


費用負担については、売主買主で決まっているわけではなく、ケースバイケースです。
マンションだと5〜6万円が相場で、戸建て住宅はマンションよりチェック項目が多くなるので、割高になります。


もしマンションを売却する場合、買主はインスペクション済みかどうかで物件を探すことも考えられますが、現状では、売主が事前にインスペクションを実施しているのは極めて稀でしょう。
買主の意向で判断すれば良いのではないでしょうか。



posted by マンション査定 at 19:37| マンション 売却 費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

マンション売却した時の消費税

マンションを売却する時は、消費税を支払う必要があるのか?


個人がマンションを売却する時は、仲介業者への仲介手数料に消費税が課税されます。
これがベースなのですが、少々、ややこしい部分もあるので、

・土地と建物
・個人と法人

に分けて整理してみます。


土地の売買は、個人・法人に関わらず非課税です。

建物は消費税の対象ですが、個人が売却する場合は、非課税です。



不動産業者を通じてマンションの売却をした場合は、仲介手数料に消費税が課税されます。

仲介手数料の計算は、売買代金×3%+6万円。
3,000万円で売れた場合は、96万円の仲介手数料となり、消費税76,800が加わります。
posted by マンション査定 at 18:41| マンション売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする